社員インタビュー|堀江 晋太朗

各スクールの認知向上や、
生徒募集を図る業務に全力。

経営企画部に所属し、唯一の専属スタッフとして広報や販促に関わる業務に取り組んでいます。
具体的には五大グループのテニススクール4校を回り、テニスコーチたちの悩みを聞いたうえで認知向上や生徒募集の方法を検討。チラシ配布や広告出稿の手続きを進めたり、WEBサイトの活用方法を考えたりするなど、グループと各校のPR活動に取り組んでいます。テニスコーチと専門の会社の間に入り、両者の調整を図っていくことが主な仕事ですね。

指導経験のある広報として、
コーチ陣が輝く職場づくりを。

もともとは地元で開催される国体の強化選手として代表入りを目指していたんです。練習する場所や時間を確保するため上京し、都内のテニススクールで働いていました。結局出場できなかったんですが、大学の先輩に誘われ五大グループにテニスコーチとして入社しました。
しかし、病気のためコーチを続けられなくなり、丸2カ月間入院した後はフロント、物販などさまざまな仕事を経験することになりました。
そんな私のいまの強みは、テニスコーチを経験した広報スタッフであること。彼らの立場を理解したうえで広報活動に取り組み、日々の業務を通じてコーチ陣が輝けるような職場が実現できればと考えています。

仕事の後は・・・

広報や販促という職務上情報収集に歩く事が多いです。都内の学校でweb動画の勉強をしたり、好きなアパレルショップで買い物を楽しんでいます。

病気から復帰した後も、
テニスに関わり続けられる場。

テニスコーチとして働くことを考えると「けがをしたらどうしよう」「年を取って動けなくなったらどうしよう」といった心配ごとも出てくると思います。
しかし私の場合、入院から復帰した後も五大グループが別な仕事を用意してくれたため、コーチ以外の形で大好きなテニスと関わり続けることができました。個人的にとてもありがたいことだと感じますし、また私がいることで当社のそういった姿勢が伝わればとも考えています。
五大グループはひとりひとりが何を考えているのか気に掛けてくれる会社なので、やりたいことがあるという方はぜひ入社してほしいと思いますね。