NEWS お知らせ
NEWS&BLOG

お知らせ&ブログ

CONCEPT ゴールデンキッズとは
CONCEPT

ゴールデンキッズとは

なぜ幼少期に運動をする必要があるのか?

5歳~12歳までの『ゴールデンエイジ』は一生に一度しかありません。この貴重な期間をどう過ごしたかが、今後のスポーツ人生を左右します。
そもそも学術的に『運動神経』という神経はありません。体性神経といって「脳からの指令を体に伝える神経」のことを俗に運動神経と呼んでいます。そのため「運動神経が良い」というのは、「脳からの指令を思い通り体へ伝えられている」と言い換える事ができます。スキャモンの発達・発育曲線によると神経系統の発達は12歳でほぼ100%に達するといわれています。ですから、この神経系統が主に発達する小学生までの間に、指導者のもとで「様々な運動を正しく、定期的に継続して行なう事」が重要なのです。

なぜ幼少期に運動をする必要があるのか?
なぜ幼少期に運動をする必要があるのか?
ページトップへ