ゴールデンキッズとは

  1. TOP
  2. ゴールデンキッズとは

運動能力人間力

ゴールデンキッズでは、『子ども達が将来役に立つ考え方や基礎を提供する』ことをコンセプトにスクールを開催しています。スポーツの基礎となる「走る」「投げる・捕る」「真似をする」を総合的に行い、将来のスポーツセレクトに役立つ能力を高めます。

また、スポーツを通じて、社会に出てからも役に立つ「挨拶」「聞く姿勢」「理解・返事からの機敏な動作」「思いやり」など机の上では習得しにくい礼儀マナー教育にも力を入れています。

What’s “Golden age”

ゴールデンエイジとは?

運動神経の良さは生まれつきではありません。
5歳〜12歳(年中・年長~小学6年生・中学1年生)の子どもの運動神経が著しく発達する、一生に一度だけの貴重な時期をゴールデンエイジといいます。この時期の過ごし方が子どもの運動能力に大きな影響を与えます。その貴重なゴールデンエイジの期間に、現代の子ども達は昔に比べ外で遊ぶ時間が大幅に減っていることから、運動神経の基礎を育む機会を失っているのです。

ゴールデンキッズでは、将来子どもが自分で何かスポーツをやりたいと思った頃に役立つ運動神経の土台を作ることを目的としたスポーツスクールです。

プログラムについて

Program

2つの力を伸ばすプログラム

  1. 01運動能力
  2. 02人間力

01運動能力

子どもの運動神経は12歳までに100%が形成されます。
ゴールデンキッズでは、子ども達が楽しみながら複数のプログラムを行うことでスポーツに必要な運動神経を養い、将来どのスポーツにでも通用する運動能力の土台を作ります。

  • -クローズドスキル-

    神経系プログラム

    主に陸上や水泳、体操のように、次の動きが決まっているスキルのことで「自分の思い通りに体を動かす能力」です。そのために、「陸上」の練習を中心にプログラミングしています。

  • -オープンスキル-

    球技系プログラム

    主にサッカーやテニスなど、相手によって自分の動きを変えなければいけないスキルのことで「瞬時に対応する能力」です。そのために「ドッジボール」を中心にプログラミングしています。

  • -トレーススキル-

    ダンス系プログラム

    スポーツ全般に共通するスキルは、「真似をする能力」です。「ダンス」をプログラムの中に取り入れ、コーチの動きとリズムにあわせて体を動かすことを学びます。

02人間力

レッスンのなかでスポーツ以外に「挨拶』『人の話を聞く姿勢』『相手を思いやる』など子ども達がこの先、社会で必要とされる社会人基礎力を養う取り組みにも力を入れています。
努力して「できた!」の成功体験を積み上げることで自分に自信を持ち、主体性を持てるように指導します。

  • 挨拶

    挨拶

    挨拶はスポーツの基本です。自分の周りにいる全ての人へ自然に挨拶ができる選手になってもらいたいと考えています。

  • 聞く姿勢

    聞く姿勢

    スポーツだけでなく、これから様々なことを学ぶ上でとても重要な能力です。これから数多く出会う指導者からたくさん教えてもらう姿勢を身に着けます。

  • 機敏な動作

    機敏な動作

    すばやく移動することで時間を有効に使うことができます。練習時間は限られるので、1分1秒を有効に使うために身につけなければならない能力です。

  • 指示行動

    指示行動

    指示された内容を理解し、返事をして行動を起こすことがこれからのスポーツ人生だけではなく、社会に出てからも役に立ちます。

  • 多学年制

    多学年制

    同学年だけではなく、多学年と運動を通じて人間関係を学ぶことで、学校だけでは学べないコミュニケーション能力を養います。

  • 思いやり

    思いやり

    多学年が混在するレッスンの中で、理解ができていなかったり、困っている子がいたときに自然に手を差し伸べられる人間力を養います。

その他の取り組み

  • 映像分析

    映像分析

    自分の映像をスロー再生やコマ送りで見ることで、コーチのアドバイスを自分で納得して受け入れることができます。(3か月に1回)

  • 体力測定

    体力測定

    走る・跳ぶ・投げるを定期的にチェックすることで、習得状況を確認します。記録が全てではありませんが子ども達のモチベーションにつながります。(3か月に1回)

  • 宿題制度

    宿題制度

    スポーツは人が見ていないところで努力することが大切です。それをすることで結果につながることを知ってもらうためにGKでは宿題制度があります。(任意)

  • 保護者説明

    保護者説明

    毎回のレッスンの内容と目的、ポイントをお伝えします。保護者の方に、レッスンの内容を理解していただくことで子ども達の成長スピードが上がります。(任意)

ゴールデンキッズに込めた想い

Message

GOLDEN KIDS 事業開発者
⾼島 友幸
Tomoyuki Takashima

「できないこと」が「できる」ようになる
成功体験と自信を子ども達に

私たちゴールデンキッズは、「子ども達の可能性を無限に広げること」を目的として、スクールを展開しています。その子にとって何のスポーツが向いているかわからないからこそ、将来やりたいスポーツが見つかったときに困らない能力を幼少期(特にゴールデンエイジ期)に高めるスクールです。

幼少期は、1つのスポーツに特化するのではなく、様々な体を動かす経験値を高めることが将来のスポーツセレクトに役立ちます。また、幼少期のスポーツスクールで必ず身につけなければいけないことは「最初はできなくても、練習すればできるようになる」という成功体験と自信です。複数種目に取り組むことで、必ず1つは取り組みやすい種目があり、そこから学ぶことができます。

そんな子ども達を後押しするために、我々は、ただ経験値を高めるのではなく「スポーツで成功する考え方」「礼儀」をレッスンにて伝えることで、「質を高めたスポーツへの取り組む姿勢」も身につけさせます。

ただスポーツが上手くなるだけでなく
将来に必要な経験を積む
「人生の道場」でありたい

ゴールデンキッズは、ただスポーツがうまくなれば良いという考え方ではなく、大げさなことを言えば、ここは「人生の道場」だと思っています。仲間がいる大切さ、協調の中で個があること、練習の質を高める考え方、環境に対しての感謝、努力の大切さを学びます。そして、何より大切なことは、「努力をしても必ずすぐに結果が出ない」という体験をすることによって、「諦めずに成功するまで努力する」ことを伝えることです。スポーツの能力向上に取り組みながら、社会に出てからも役に立つ考え方を提供していきます。

まずは、スクール説明会へご参加ください。「はいはい、普通のスクールね…」と思うか、「自分の子どもを入れたい!」と思うかで、良いスクールかどうかをご判断ください。

応援メッセージ

0105

陸上競技会室伏 重信 氏

Profile

中京大学名誉教授。ハンマー投日本選手権10連覇&アジア大会5連覇の偉業を成し遂げ、指導者としても、息子を金メダリストへと育てたアジアの鉄人。

メッセージ

私はゴールデンエイジを過ぎてから「感覚を身につける」ということに取り組んできたため、非常に長い時間がかかりました。この時期に、ゴールデンキッズで運動感覚を身につけると、やっていなかった子に比べて運動選手になったときに違いがはっきりでてきます。広治にも色々なことをやらせてきましたが、将来スポーツ選手になったときに「ヒント」となるようなことを身につける事が大切です。 少年期は色々なことに取り組んで、体型・体力・センスに合わせてスポーツ種目を選択してください。

野球界渡辺 元智 氏

Profile

横浜高等学校教諭。1965年に就任以来、春夏含めて5回の甲子園優勝を誇る高校野球界の名監督。松坂大輔選手や涌井秀章選手など数々のスタープレーヤーをプロ野球界へ輩出。

メッセージ

私が半世紀近い監督経験を通じて感じたことは、「人の話を素直に聞ける人間」が伸びているということです。話を素直に聞いている子の特長は、話を聞く姿勢・態度が良いということ。これは、やる気の問題でもありますが、気持ちが全面に出ているからでしょう。この部分も視野に入れた取り組みをしているゴールデンキッズは、非常に良いスクールだと思います。幼少期から、そういったことも学びながら運動に携わることは、将来に向けて大変貴重な財産となります。

体操競技界水島 宏一 氏

Profile

東京学芸大学准教授。1988年ソウルオリンピック団体銅メダリスト。1980年代後半に、日本男子体操チームの中心選手としてチームを支えた。

メッセージ

私が現役の頃、記者さんに「自信はありますか?」「プレッシャーは感じますか?」という質問に対し、「自信がなければこの場に立てませんでしたし、演技もできません。また、プレッシャーを感じなければ力は発揮できません。」と答えました。スポーツ選手にとって必要なことは「自分に自信を持つこと」です。ゴールデンキッズは様々な運動体験を通じて、自分の知らなかった運動能力に気付かせてくれたり、それを自信につなげるきっかけを与えてくれるスクールであると感じています。

テニス界添田 豪 氏

Profile

日本を代表するプロテニスプレーヤー。ジュニア時代に全日本ジュニア、インターハイを制覇しプロ転向。全日本選手権で優勝。アジア競技大会シングルス銅メダル、団体銀メダル。現在も全豪オープン、ウインブルドンなどの世界ツアー転戦中。最高世界ランキング47位。日本ランキング2位。

メッセージ

私は小学生の時に、テニスとともにサッカーと野球をやっていていました。そのとき、自分が他の選手より得意なものがあることに気づきました。それは空間把握能力です。 サッカーや野球はボールだけではなく、仲間や相手も意識しなければなりません。その経験がテニスにとても役立ちました。 また、ゴールデンキッズが行っている「ダンス系プログラム」は特に大切だと思います。今まで出会った一流スポーツ選手は、高いレベルでリズム感・模倣能力を持っています。ジュニア時代に色々なことへ取り組むことは必ず自分のためになります。継続して頑張ってください!!将来、日本のテニス界にゴールデンキッズ出身の選手が出てきたらうれしいですね!

パワーリフティング界小田川 洋司 氏

Profile

オダガワ・フィットネスプロオーナー。1999年全日本ボディビル選手権優勝。2003年世界パワーリフティング8位。2006年米軍ストロングマン大会(腕相撲)優勝。肉体美だけでなく、パワーも兼ね備えた筋肉を哲学としチャレンジを続ける。

メッセージ

大学生の頃ウェイトトレーニングに目覚め最初に掲げた目標は日本一でした。何度も挑戦と挫折を繰り返し、目標を達成するのに18 年かかりました。それまでに避けて通れない小さな目標を少しずつ達成し自信につながっていきました。何事にも困難はありますが、それに打ち勝つことの大切さや、努力して結果を出すことが体や心にどんな影響を与えるかを経験を通じて知ることができました。ゴールデンキッズに参加することで多くのことを体験し学ぶ事は心と体の大切なベースを作り、人生に大きな影響を与えることになるでしょう。

お問い合せ

Contact

まずは、説明会へご参加ください。ゴールデンキッズのコンセプトや内容をご理解いただいた上でご入会していただきたいと考えております

体験レッスンへ行こう!