ゴールデンキッズとは

イメージ

なぜ幼少期は様々な運動をする必要があるのか?

 5歳~12歳までの『ゴールデンエイジ』は一生に一度しかありません。この貴重な時間をどう過ごしたかが今後のスポーツ人生を大きく左右します。
スポーツは大きく「2種類のスキル」に分けることができます。その両方をやるべきです。
①次の動きが決まっているスポーツで多く使うスキル(クローズドスキル)
②相手によって動きを変えなければいけないスポーツで多く使うスキル(オープンスキル)
 幼少期にはこの2つのスキルを経験しておくことが重要です。どちらも思い通りに体を動かす事ができれば「運動感覚が優れている」と言うことができます。
 子どもたちは、一人ひとり何のスポーツに向いているかはわからないので、幼少期はバランスよく運動に取り組む必要があります。  さらに、今と昔では社会環境が変わってきているので、指導者のもとで「様々な運動を定期的に継続して行うこと」が重要なのです。

子どもたちへの七つの約束

  • 私たちは、子ども達に元気よくあいさつをします!
  • 私たちは、子ども達の名前を呼びかけてコミュニケーションを図ります!
  • 私たちは、長所を伸ばすために褒める指導をします!
  • 私たちは、しつけやマナーを身につけてもらうために叱る指導をします!
  • 私たちは、真剣に物事に取り組む姿勢を指導します!
  • 私たちは、一生懸命やればできるようになることを伝えていきます!
  • 私たちは、子ども達のために時間と努力を惜しみません!
  • 私たちは、子ども達に元気よくあいさつをします!
  • 私たちは、子ども達の名前を呼びかけてコミュニケーションを図ります!
  • 私たちは、長所を伸ばすために褒める指導をします!
  • 私たちは、しつけやマナーを身につけてもらうために叱る指導をします!
  • 私たちは、真剣に物事に取り組む姿勢を指導します!
  • 私たちは、一生懸命やればできるようになることを伝えていきます!
  • 私たちは、子ども達のために時間と努力を惜しみません!

対象年齢表

対象年齢該当施設
1.5歳
~3歳
センター南
3~5歳センター南
港北亀戸
5~12歳すべての施設

運動プログラム

スポーツをただ組み合わせたのではなく、
将来やりたいスポーツが見つかったときに困らないように、
総合的な土台を作ることに着眼してプログラミングしています。
  • 神経系プログラム(クローズドスキル)

     主に陸上や水泳、体操のように、次の動きが決まっているスポーツに対応するために必要なスキルは、「自分の思い通りに体を動かす能力」です。そのために、「陸上」の練習を中心にプログラミングしています。そして、足が速くて損をするスポーツはありません。

  • 球技系プログラム(オープンスキル)

     主にサッカーやテニス、バスケットなど、相手によって自分の動きを変えなければいけないスポーツに対応するために必要なスキルは、「瞬時に対応する能力」です。そのために「ドッジボール」を中心にプログラミングしています。小学校の時、ドッジボールのうまかった○組の○○君はスポーツが何でもできた印象はありませんか?

  • ダンス系プログラム(トレーススキル)

     スポーツ全般に共通するスキルは、「真似をする能力」です。そのために「ダンス」をプログラムの中に取り入れています。コーチの動きとリズムにあわせて体を動かすことを学びます。一流選手のほとんどはモノマネが上手です。この人の特徴は何で、こんな風に体を動かしていると分かるからです。

  • 映像分析イメージ
  • 映像分析レッスン

     3ヶ月に1回映像分析のレッスンを行ないます。自分の映像をスロー再生やコマ送りで見ることで、コーチのアドバイスを自分で納得して受け入れることができます。また、撮った映像をその場で見てアドバイスを実践して練習することができるので、フィードバック効果(映像を見て、正しい動きをどうすれば良いかを理解してから、その意識をした練習に取り組むまでの時間が短ければ短いほど効果が高いと言われています)も高まります。※店舗により使用ソフトが異なります。

  • あいさつイメージ
  • あいさつ

     挨拶はスポーツの基本です。挨拶ができていないばかりに損をしている選手は数多くいます。スポーツ選手は、コーチや監督だけでなく、フロントの方、グランドを整備してくれる方、身体のケアをしてくれる方、保護者、ライバル、友人など、様々な方々に支えられています。全ての人に自然に挨拶ができる選手になってもらいたいと考えています。

  • 聞く姿勢イメージ
  • 聞く姿勢

     指導を受けるときだけではなく、社会生活を営む上でも必要な要素です。話をしている方もきちんと聞いてくれていることが分かると、色々なことを教えてくれます。逆に聞いているのかどうか分からない態度で聞かれていると、話をそうそうに切り上げてしまうこともあります。これができるようになると、学校での授業などでも態度が変わってきます。

  • 機敏な動作イメージ
  • 機敏な動作

     レッスンの中で「立って!」「座って!」「集合!」などの声掛けがありますが、初動を素早く行うことを意識します。話を聞いていなかった時やボーっとしている時には出遅れるので、その場合は何度でもやり直します。サッと動く事が運動神経向上にもつながりますし、指示に対してすぐ動くことは日常生活や今後の人生の中で大切なことです。また、自分の行動が人に迷惑をかけることもあるということを学んでもらいたいのです。

  • 思いやりイメージ
  • 思いやり

     ゴールデンキッズでは、クラス編成を多学年制にしています(5~12歳)(3~5歳)(1.5~3歳)。最近は小学校でも「縦割り学級」に取り組んでいますが、昔はまさにこの環境が多かったように思います。年上の子が年下の子の面倒を見て、年下の子は負けまいとついていく・・・そうです、昔の「ガキ大将システム」です。この環境で多くのことを学ぶ事ができると考えています。ただし、年上の子は年下の子の面倒をみるためにスクールに入れているわけではないので、練習にならないという事がないようにプログラミングしています。