reason

「人間力=社会人基礎力」に
フォーカスし、
スポーツ業界で
長く活躍できる人財を育てる。

「人間力=社会人基礎力」にフォーカスし、
スポーツ業界で
長く活躍できる人財を育てる。

POINT 01

画像

※経済産業省HPより

人と接する職業として大切な
「人間力=社会人基礎力」を学ぶ。

「社会人基礎力※」とは、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として経済産業省が2006年に提唱したもので、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されています。これらは、どの業界、職業でも変わらず必要とされる能力です。
GODAIスポーツアカデミーの指導カリキュラムは、この「社会人基礎力」の形成に最も重きを置いています。授業では「文章力」「表現力」「発信力」など強化を目的とした論述、時事討論、一般教養などを取り入れ、オンコートでは、レッスンの実践を通じたお客様とのやり取りの中で、コミュニケーション能力向上を図っています。
将来、もし万が一、ラケットを置かなければならない状況に直面したとしても、必ず他の分野で活躍できる人間の育成をめざしています。


POINT 02

画像

スポーツ指導の実践現場で、
充実した指導環境。

GODAIスポーツアカデミーでは、インドアスポーツスクール「GODAI白楽」の現役コーチ陣が講師として指導に当たります。創業40年以上のテニススクールの現場という「生きた教材」を通じて、コーチとしての基礎技術を、そして接客の実践経験を積むことができます。
また「スポーツ×教育」の取り組みを広く展開しているGODAIグループには、テニススクールにとどまらず、ゴールデンキッズ、幼児体育指導(ペンギンカンガルークラス)、学童保育など多くの実践の場があります。さらに、近隣公立小学校と連携した「体力向上プロジェクト」、「宿題サポート事業」などの地域貢献事業を通じて、GODAIならではのユニークな実践経験を積むことができます。


POINT 03

画像

日本プロテニス協会・全米プロテニス協会の公認資格を最短で取得し、
「真のプロフェッショナルコーチ」へ。

日本では、資格がなくともテニスコーチの仕事に就くことは可能です。しかし、欧米では、競技団体が認定するプロコーチライセンスを取得するのが当たり前です。
GODAIスポーツアカデミーは、日本プロテニス協会(JPTA)の現役テスター(試験官)が講師となり直接実践コーチングを担当する、JPTAの公認専門学校です。通常なら3年以上の実務経験が必要なJPTA公認資格を、最短2年で取得することができます。
また、JPTAだけでなく、世界で通用する米国プロテニス協会(USPTA)も併せて取得することができます。
競技団体の公認資格を取得することで、どこに行っても品質が担保される「真のプロフェッショナルコーチ」を養成します。


POINT 04

画像

少人数ならではの「1人も見捨てない」
学生指導・就職サポート。

GODAIスポーツアカデミーは、各学科10名前後の少人数定員。教職員と学生との距離が近く、きめ細かい学生指導を実現できる環境があります。
日々の生活指導では、とにかくしつこく、追いかけてフォローしていきます。「お預かりする以上、一人の生徒も見捨てたくない」との思いがあるからです。「いつか気づいてくれれば…」と思いながら同じことを繰り返し言い続けることもあります。やがて、それが信頼関係の構築につながり、人間力に結び付くと信じているからです。コーチという、人を相手にする仕事だからこそ、あえてアナログなフォローを重視しています。
学校生活を通じて学生同士、そして教員と学生との深い人間関係が構築されるので、卒業生同士も大変仲がいいのが特長です。異年齢の人同士が学びながら、お互いの役割や人格を尊重し認め、切磋琢磨し合うことで、社会性や多様性も培われます。
就職にあたっても、学生一人ひとりと面談し、彼らの適性や希望とマッチしたインターンシップ先を、数ある企業から厳選。入社後のギャップを最小化するための配慮を行っています。就職率は開校以来100%を継続しており、様々なテニススクール・スポーツクラブ等で卒業生が活躍しています。

message

「スポーツインストラクター」という素晴らしい職業

「スポーツインストラクター」という素晴らしい職業

画像

「スポーツインストラクター」と聞くとどのような印象をお持ちでしょうか?
明るい、元気、さわやか、スポーツが上手・・・などどちらかというと外面的なイメージを描く人が多く、スポーツからくるそのような印象がそうさせるのだと思います。
ですが、「スポーツインストラクター」の魅力はもっと内面的な深い部分にあり、選ばれたそしてとても難しい職業のひとつであると考えております。

我々の考える「スポーツインストラクター」像は「社会のどこでも活躍できるスポーツ指導人財」でありスクールコーチだけでなく、部活動指導、監督、ジュニア指導など、将来様々な分野で活躍できる可能性を持った人財です。

私は幸いにして高校の部活(テニス部)からスポーツの素晴らしさを体感できました。しかし、振り返ると、スポーツからは、単純な試合の勝ち負けや技術向上だけでなく、もっと多くのものを学んできたのだと大人になった今、感じるようになりました。
大手電機メーカーからGODAIに転職したのですが、その動機がまさに「スポーツや部活動から社会で通用する基礎のチカラを学んだ」からだったのではと思います。
「スポーツインストラクター」に私は残念ながらなれませんでしたが、人を幸せにしたり子供たちの心を育めたりできるスポーツ人財の中でもひときわ難しいこのような素晴らしい職業はないのではないでしょうか。

「社会で通用するチカラを養成」する学校である当校は、テニスなどの専門技術やレッスンなどの応用技術はもちろんですが、自分の考えなどをまとめる論理的思考力、発表、伝える力などのコミュニケーションやプレゼン力など、インストラクターはもちろんのこと、社会では絶対に必要な基礎力も培っていきます。

これらのチカラは目に見えないだけに一見不必要に思われるかもしれませんが、このような能力を身に着けた上での各種技術力習得は鬼に金棒、どの世界でも活躍できる人財になれると思っております。

このような難しくも素晴らしい「スポーツインストラクター」という職業についてみませんか?皆様の来校をお待ちしております。

GODAIスポーツアカデミー 校長

満岡英生

Philosophy

挑戦 ~Challenge Spirit~

GODAIグループの理念

私たちGODAIグループは、1932年に神奈川県で最初に開設した自動車教習所を起源としています。自動車の大衆化の黎明期である当時としては、大きなチャレンジでしたが、その後急速に発展した日本のモータリゼーションに大きく貢献することとなりました。
1978年には、当時では珍しいグループレッスン型のテニススクールを横浜・白楽に開校。独自のレッスンメソッドに基づき、高いクオリティのレッスンを多くの方に提供するグループレッスンのスタイルは、その後、日本のテニススクールのスタンダードとして普及していきました。
GODAIグループは、現状に満足せずあくなき挑戦を続けることで、新たな価値の創造を行い、人々の『Delight-Life(活き活きと輝ける生活)』の実現に貢献していくことをグループ理念としています。2014年に開校したGODAIスポーツアカデミーも、その理念のもと、スポーツ文化の育成・普及・発展にチャレンジする人財の養成に取り組んでいます。

学校法人五大とは

スポーツや自動車に関わる多彩な事業を展開しています。スクール運営を軸に、お客様の多種多様なライフスタイルに彩りを提供して参ります。


スポーツ健康事業部
スポーツビジネスの創造により『スポーツ文化の育成・普及・発展』を進め、すべての世代の人の健幸生活の実現と地域貢献に寄与していきます。

自動車教育事業部
人財の育成活動を通して、自動車業界の普遍的な発展に貢献していきます。

画像