学科紹介

テニスコーチ科
(本科)

トップページ学校紹介

テニスコーチ科(本科)

理論と実践を兼ね備えた学習環境で、2年後には即戦力のテニスコーチへ。

Merit.01

米国プロテニス協会の公認資格を取得出来るのはGSAだけ。

テニスコーチ科では、テニスコーチの品質を証明する各種資格を取得できます。日本プロテニス協会(JPTA)に加え、米国プロテニス協会(USPTA)の公認資格を取得できるのは、日本のテニスコーチ養成専門学校では数は多くありません。
当校はJPTAの公認専門学校なので、通常なら3年以上の実務経験が必要なJPTA公認資格を、2年で取得することができます。

Merit.02

40年以上の実績を持つテニススクール運営ノウハウを学べる。

テニスの指導理論はもとより、収支管理やイベント企画など、テニススクールの運営ノウハウを学べるのも、40年以上のテニススクール運営実績を持つGODAIならではの特長です。
役員をはじめとするGODAIグループの社員が直接、生きた経営理論・ビジネススキルを教授します。

取得出来る資格

JPTA/USPTA認定プロコーチライセンス テニスC級審判員
ガット張り資格 普通救急救命士
スポーツ医学検定 ビジネス能力検定
部活動指導員養成基礎 みんなの外国語検定

こんな方を募集しています!

  • 高校卒業※のテニスコーチ志望の方
  • 好きなテニスで社会に貢献したい、好きなことを仕事にしたいと考えている方
※18歳以上40歳未満

授業ピックアップ

運動生理学/トレーニング理論

オリンピック選手の現役トレーナーでもある淺井講師から、スポーツ指導者としての基礎知識はもちろん、特にテニスに特化した身体の使い方やトレーニングの手法を学びます。

時事討論

旬の時事テーマを取扱い、グループでディスカッションと発表を行います。論理的思考力、ファシリテーション能力、プレゼンテーション能力を養います。

カリキュラム

人間教育科目
指導教育科目
専門教育科目
運営教育科目
技術教育科目

人間教育科目

260時間

社会人の基礎力育成を重点においた科目

必修科目 概要
論述 文章表現、プレゼン、小論文など「表現力と要約力」の育成
時事討論 時事問題をもとに「討論する力」の育成
一般教養 漢字・読書を中心とした教養の蓄積
グローバル 英会話・英語シャドーイング、ウィンブルドン研修
就職指導 履歴書作成、進路相談、面接指導

指導教育科目

620時間

コーチング、レッスン指導育成に重点をおいた科目
受講対象科:テニスコーチ科、キャリア科、科目履修科

必修科目 概要
講義 日本プロテニス協会コーチング指導の概要理解
オンコート実習 オンコート実習と現場での実践指導により経験値を蓄積

専門教育科目

240時間

テニスに関する専門性育成に重点をおいた科目
受講対象科:テニスコーチ科、キャリア科

必修科目 概要
トレーニング理論/
運動生理学
体のつくりやトレーニングに関する基礎
スポーツ心理学 スポーツ関わる課題を心理学的側面から学ぶ
ガット張り実習 様々なラケット、ガットに対応できる張り方の実践
ガット張り実習 普通救命講習Ⅰ・テーピング実習

運営教育科目

145.2時間

マネジメント関連能力育成に重点を置いた科目
受講対象科:テニスコーチ科、キャリア科

必修科目 概要
スクール運営 運営数値やスクール経営の理解
PL/BS 貸借対照表と損益計算書
マーケティング 市場理解とデータ分析
広告クリエイティブ 広報の企画・戦略
PC基礎 エクセル・パワーポイントの基礎習得
イベント運営 校内外イベントの企画運営、国際大会等の運営補助

技術教育科目

2000時間

テニス技術の向上とプレーヤーとしての基礎から実践までを学ぶ科目
受講対象科:テニスコーチ科、プレーヤーズ科

必修科目 概要
練習 週2回の朝練と毎日2時間の技術練習
トレーニング トレーニングルームでの各種トレーニング及びランニング
校内試合 学生同士による学内で実施される試合
試合出場 横浜市民大会、ディアドラカップ、対抗戦他